FC2ブログ

時短!YouTube用マンガ制作 #2

Byツモソ

前回の続きをやっていきまーす!

前回は15ページ分の下がきと背景を6時間で仕上げて、今回はペン入れとカラーの最終工程ですな(°_°)

まずはいつも通りペン入れをして、そこから今回から試そうと思ってたクリスタの自動彩色機能!

これは期待しちゃうやつや!

この機能が追加されたんは知ってたけどフルカラーのマンガあんまりせんかったからね(´・_・`)

まさかこんなにカラーマンガ描くとは思わんかった。

これも時代やね!

マンガも紙からスマホに移ってきてるから白黒で描く意味がなくなってきてるんかなぁ。
印刷せんでええもんなー。

スクリーントーンも無くなるんかな。

当時はグラデーショントーン使うん勿体ないから60番のトーンを重ね貼りしてカッターナイフで一生懸命削ったわ(-_-)

でもあの時の経験は無駄ではないはず!

ニンジンの皮を削るん上手い気がするし!

皮に栄養あるぽいから剥くより削りたい派。

無駄ではないエピソードが他に思いつかん(´・_・`)

あれ?
なんの話やったかな。

あーあー自動彩色ね。

これをそのまま全自動彩色を使うと、とんでも無いカラーになるので、ここはヒント画像を使って彩色をやってみよう!

まずはペン入れしたレイヤーを参照レイヤーに設定して、ヒント画像用のレイヤーを新たに作り、こんな色でお願いしますって感じで軽く塗ります。


この画像では先に3Dの背景があるのでキャラの後ろに白色のレイヤーを付けます!

彩色した時、色が薄いせいか背景が透け透けになるからね。

あとは編集→ 自動彩色(先行プレビュー)→ヒント画像を使って彩色を選択

するとどうでしょう。

色がついて無かったキャラに色が



手の所は黒いね。

まあ、いいんじゃないかな。

同時に横のコマもやってみたけど、こっちはひどすぎる!


新たなホラー漫画が誕生してしまったようだ。

自動でここまでしてくれたから後は修正!


ここまで来たら影入れて背景とキャラの色を合わせて完成!

合わせ方は僕はオーバーレイで背景とキャラを塗り塗りするタイプ。

でもこれ、ここまでで30分かかってる。15ページとなると450分かかるやないかーい!
慣れたとして20分。

300分かかるやないかーい!

下がきと背景で時間かけ過ぎたかな汗

刑務所の背景欲しくて探し回った挙句、結局学校の3D素材を使った。
初めからそうしとけばって箇所が何個かある>_<

あとはPCが連続起動3時間経つと画面が凄い揺れ出す。

冷やさなあかんからその間休憩。

3D素材もスペック的にきついんかな。

カクカクする。

新しいの欲しいなー。

次はワコムの持ち運び出来るやつ欲しいなー。

サーフェスプロ6も気になる。

もっと頑張らなあかんな(´・_・`)

中古で買ったサーフェスプロ4にも頑張ってもらおう!



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply